家賃 クレジットカード

クレジットカードを利用して携帯料金を支払うことが出来ます

毎月の携帯電話料金をコンビニなどで支払うのは面倒ではないでしょうか?クレジットカードを利用すると毎月の料金がクレジットカード指定の口座から引き落としになり手間が少なくなります。

クレジットカードで毎月の携帯電話料金を払うようにするとどんなメリットがあるのでしょうか。毎月支払いに向かわなければならない手間が無くなるということもそうなのですが、一番は「ポイント」が溜まるということです。クレジットカードでの支払いですから毎月その分のポイントが加算されていくことになります。さらに携帯電話会社によっては自社ブランドのクレジットカードなどがあり、利用しただけポイントが溜まり「そのポイントで」新しい携帯電話に機種変更する時に割引をしたり、電話料金から引くことが可能です。今月はピンチだ!という時にポイントで支払うことで乗り切るということも可能です。

さらにクレジットカードは「年会費」がかかる場合があるのですが、この年会費は「一定の取引がある場合には無料」となる場合があります。この取引に携帯電話料金の自動引き落としが含まれている場合、無料になる上限をあっさりとクリアする可能性もあります。手数料が無料で、携帯代を払うことでポイントが溜まっていくことになります。

携帯料金の毎月の支払いがコンビニなどの支払いである場合はクレジットカードでの支払いを考えてみてはいかがでしょうか?普通に支払うよりもポイントが付くなどお得な面があります。もしわからないということがあれば携帯電話会社やクレジットカード会社に尋ねてみることで、どのくらいのメリットがあるのか把握することが出来ますので、質問してみてください。

カード会社によって海外旅行保険が付いているカードがあります!

海外旅行をする!という時にクレジットカードは強い味方になってくれます。現金を持ち歩く必要が無く、いちいち現地の通貨に両替する必要もありません。しかし、クレジットカードの利点はそれだけではありません。

クレジットカードには「海外で利用する人向け」のサービスをしているものがあります。クレジットカード会社によってさまざまなサービスがあるので、何処でどのように利用したいのかを考えてクレジットカード会社を選ぶ必要があります。中でも注意したいのは「何かしらのトラブルがあった時」にどのような対処をしてくれるのか、ということです。

海外旅行の際は事故などに合いけがをしてしまった時などに対処する「海外旅行保険」という物があります。これは旅行会社や保険会社などが海外旅行する時に「何かあった時に対処」出来るようにしているもので、滞在先で病気になった時の治療費に対する保険などがあります。どういうことが出来るのか、どんな保証があるのかはその保険契約の内容によって変わってきます。そんな海外旅行保険がクレジットカードにもついていることがあります。海外旅行をする時に利用しやすいようなサービスが含まれており、何かあった時に役に立ってくれます。

そんな海外旅行で多いのが「クレジットカードの紛失」です。ホテルの金庫に預けていたら盗難にあってしまったというケースもあるようです。しかし、普通に持ち歩いて落としてしまうことも考えられます。そんな時に宿泊費や帰りの飛行機代などが無い状態では困ります。そこでクレジットカード会社に連絡をすることでとりあえず急場をしのぐことが出来るようなサービス、という物があります。中には「海外旅行の宿泊先のホテルはもちろん、移動のための車や飛行機などすべてを手配いたします」というようなクレジットカードもあるようです。自分がどのように利用したいのかを考えてから選ぶことで、何処のクレジットカード会社が良いのか判断しやすくなります。

紛失、盗難に関しては「連絡先」を把握しておく必要があります。旅先で調べることが出来ればよいのですが、それすらもままならない状態になることもあります。旅行の準備には「万が一の時の連絡先」を把握しておくことも含めておきましょう。そしてクレジットカードの海外旅行保険で注意してほしいことがあります。クレジットカードの海外旅行保険は「限定的」であることがあります。病気やけがは保証するけれどそれ以外は保証の対象外となっていることがありますので、保険でどこまでカバーできるのかはしっかりと調べておいてください。ただ、毎回海外旅行保険に入るよりもクレジットカードひとつ持っていることで旅行が便利になる、という点はあります。大事なのは「把握しておくこと」です。

インターネットで買い物をする時に必要なクレジット番号とは?

インターネットでショッピングをしようとするとクレジットカードを利用する機会が非常に多いものです。クレジットカードを利用してショッピングをするときに入力する「16ケタ」の番号とはなんでしょうか。

簡単に言えば「自分のカードですよ」という証明です。クレジットカード会社や加盟店を示す番号に加えて「利用者は自分ですよ」と判断することの出来る番号が割り振られたりします。それらをインターネットなどで入力することによってクレジットカードでショッピングをすることが出来るのです。クレジットカードを利用する時はさらに暗証番号などを入力する必要もありますが、この「16ケタ」の番号が解らないと利用することが出来ません。

クレジットカード会社によってはケタ数が違うことがありますが、4×4の16ケタの数字が一般的です。この数字はインターネットでショッピングをするだけではなく、クレジットカード会社のコールセンターへの連絡の際にも利用することがあります。

この数字は店番号や口座番号と書かれているものではなく「数字だけが並んでいるところ」です。その上下に使用期限やカードの発行店などが記載されています。自分が利用しているクレジットカードの16ケタの番号が解らない場合はコールセンターなどに確認しておきましょう。インターネットだけではなく他の手続きなどでクレジットカードを利用する時にも必要になることがあります。その時になってあわてないように調べておくと便利です。

ただし、メモなどに残しておくのはあまりお勧めしません。万が一そのメモを落としてしまった場合に悪用されないとも限りません。クレジットカードやカードの暗証番号は簡単に解らないようにしておきましょう。

ホテルの利用する時にクレジットの提示を求められることがあります

ホテルを利用する時にクレジットカードの提示を求められたことは無いでしょうか?これは「デポジット」という物で「一定の補償金を預ける」ということになります。

この場合クレジットから引き落とされるということではなく「クレジットが利用可能かどうか」を調べています。これは何かあった時に宿泊代などを支払ってもらえないというリスクが無いようにするためのものです。このデポジットは現金を預けるということもあります。この場合チェックアウト時に差額があれば変換してもらえたり逆に払ったりなどをすることになります。

またクレジットカードを提示したからと言って必ずしも「クレジットカードで支払わなければいけない」ということではありません。チェックアウト時に現金で支払うことも出来ますので、カードの提示を求められた時に「現金での支払いも出来ますか?」と聞いておくようにしましょう。

ですが、クレジットカードを利用するとポイントが溜まるのです。現金で支払った場合と金額が変わらないのであればポイントが溜まる分クレジットカードでの支払いがお得といえます。さらに、クレジットカードの中にはホテルを利用することでお得になるサービスを持っていることがあります。ビジネスマン向けのクレジットカードに多いのですが、クレジットカード会社によってどんなサービスが受けられるのか調べてから利用することをお勧めします。

ホテルでクレジットカードの提示を求められるのは「保証」のためです。ただ、疑問に思ったことはフロントにしっかりと聞いておくようにしましょう。特にクレジットカードの情報がチェックアウト時にどうなるのか、ということなどは忘れずに確かめておいてください。

クレジットカードは定期券の購入に使うことも出来ます

通勤通学に使う定期券ですが、どのようにして購入しているでしょうか?最近ではクレジットカードで定期券を購入することが出来る鉄道会社も増えていますので、クレジットカードでの購入を考えてみてはいかがでしょうか。

定期券をクレジットカードで購入するメリットは「ポイント」です。定期券はある程度まとまった金額を購入することになります。切手を毎回購入するよりは安いと言ってもかなりの負担になります。その負担を少しでも軽減するためにクレジットカードを利用するということです。現金で定期券を購入するとポイントなどはつきませんが、クレジットカードであればポイント分お得になります。

また、現金で購入するにはそれなりの金額を持ち歩かなければなりません。いちいち銀行やコンビニから引き出して購入をすることは手間になりますし、手数料がかかる時間帯に利用してしまうとポイントを得るどころか、手数料分を引かれることになります。手数料を気にして早めに引き出しておくと、普段は持たない大金を持ち歩くことになります。しかし、クレジットカードは時間を気にせず利用することが出来ます。常にお金を持っておく必要もありませんので、かさばる心配も少なくて済みます。

中には「定期券とクレジットカードが一緒になっている」という物もあります。定期券をクレジットで購入して、ためたポイントを定期券に回す。というようなことも可能です。ただ、すべての鉄道会社が行っているというわけではありませんので、利用している鉄道会社にどのようなサービスがあるのかを調べておく必要はあります。特にクレジットが利用できないところもありますので、注意しておきましょう。

クレジットカードの現金化は利用しないでください

クレジットカードの現金化、という物があります。これは商品を購入し「現金に換える」という物で、クレジットカードの現金化をするサイトもあります。これを「クレジットカードのショッピング枠の現金化」というようですが、この行為自体をクレジットカード会社は禁止していることがほとんどです。現金化をしていることが発覚した場合、利用停止になることがあることを忘れないでください。

このショッピング枠の現金化がなぜダメなのでしょうか。それは、一時的にお金を手にしても「手にした金額以上の請求がクレジットカード会社からある」ということです。100万円の商品を買って80万円に現金化したとします。一時的に80万円を手にすることは出来ても後々100万円の請求がクレジットカード会社からあるのです。

確かに金利などは発生しませんが、実際に支払う金額を考えてみると銀行やカードローンでキャッシングした場合に払う金利よりも高く払うことになることがほとんどです。現金を80万円手に入れ、クレジットカード会社に100万円返済するとします。仮に返済が次の月、つまり一か月後だとすると、ひと月の金利が25パーセントになります。金利は「年利」計算になりますからこれを12ヶ月分すると300パーセントです。たしかに金利、という名目はありません。ですが、金利よりもはるかに高い金額を払う可能性があるということを覚えておきましょう。

確かに毎月現金化するわけではないでしょうし、これほどまでに高額な取引はしないかもしれません。ですが、クレジットカード会社だけではなく行政機関からも利用しないようにという警告もあるのです。ショッピング枠の現金化はしないでください。

クレジットカードを作るときに比較するべきところは?

クレジットカードには様々な機能やサービスが付いています。多すぎてどこをどう比較したらよいかわからないほどです。主なサービスとしては「ポイントが溜まる」「マイルが溜まる」「手数料」「年会費」「使える銀行口座」「携帯代や公共料金の引き落としが出来る」など上げたらきりがありません。確かに付加機能を選んで探すことは大事ですが、これでは多すぎて何が何だかわかりません。ですので、比較するところを絞っていきましょう。

まずは「年会費」です。地味に懐を締め付けるものですので年会費がかかるのかどうかを調べましょう。しかし、年会費については「携帯代などのお支払いが一定金額であれば無料」など「取引が一定金額あれば無料になる」こともあります。ですから、どのように利用するのか考えておく必要があります。

次に手数料です。加盟店から発行されているクレジットカードは「そのお店で使う分には手数料がかからない」ということがあります。また、条件を満たすことで手数料がかからなくなるということもあります。頻繁にクレジットカードを利用しようと考えている場合には手数料がどれほどかかるのか調べておきましょう。

そしてどれくらい「ポイントが溜まるか」ということです。100万円利用して1万円ポイントが溜まるクレジットカードより2万円溜まるクレジットカードのほうがお得であるというのが解りやすいと思います。そこまで大きな差は無いかもしれませんが、ポイント5倍デーなどがあるカードであれば、その日にショッピングをすることでお得になります。

他にも「マイルが溜まるかどうか」ということなどがありますが、マイルは旅行や飛行機などを利用した出張が多くなければあまり意味がありません。そのため「自分が利用したい目的」に合わせてクレジットカードを比較して選ぶ必要があります。食料品などを購入する時に利用するなら「ポイント」や「手数料」を比較する。公共料金などの引き落としに利用するなら「年会費」について。それぞれ「自分に合ったカード」を選ぶことが大切です。まずは、どのように利用したいのか「利用目的」をはっきりさせてから選びましょう。

クレジットでも購入することが出来る?ウェブマネーの利用について

オンラインゲームやインターネットショッピングなどで利用される「ウェブマネー」ですが、チャージにかかる金額をクレジットカードで支払うことが出来るのです。

ウェブマネーの購入はコンビニなどでもすることが出来ます。しかし、コンビニではウェブマネーを購入するのにクレジットカードを使うことは出来ません。したがってクレジットカードを使うことでたまるはずだったポイントも溜まりません。クレジットカードを利用してウェブマネーを購入するにはインターネットからクレジットカード決済の手続きをする必要があります。

クレジットカード決済によるチャージですので、家に居ながらウェブマネーの購入をすることが出来ます。また、先に書いてしまいましたが、クレジットカード決済をすることでクレジットカードのポイントが溜まります。ウェブマネーを現金で購入するとポイントなどはつきません。まとまった金額をチャージすることになるので、ポイントもそこそこ多くなります。頻繁にウェブマネーを利用する機会があるのであればポイントが溜まるのと溜まらないのでは少しずつ差が出てしまいます。

ウェブマネーはコンビニなどでも手軽に購入することが出来ます。特に手続きが必要なわけではありませんし、ウェブマネー自体を利用することも簡単です。ですが、現金で購入するというメリットはあまりありません。クレジットカードを利用することが出来るのであればポイントが付くということもありますので、どちらがいいのかしっかりと考えてから利用するようにしましょう。

カード会社によっては専業主婦でもカードを作ることが出来ます

一般的にクレジットカードを作るには定期的な収入が必要です。もちろん正社員であれば作ることは可能ですし、派遣でもパートやアルバイトでも定期的な収入があれば利用することが可能となっているところも多くあります。しかし、専業主婦でもカードを作ることが出来るのです。

専業主婦でも作ることが出来るにはいくつか条件があり、配偶者や家族に定期的な収入があることなどですが、クレジットカード会社の審査基準が明らかにされることはありませんので「どういう基準で審査をしているのか」ということを詳しく知ることは出来ません。ですが、スーパーやショッピングセンターなどのクレジットカードには「配偶者に定期的な収入があればOK」である物がありますので、専業主婦でも利用することが出来るのです。

クレジットカード会社の中には「年齢を満たしていれば申し込める」という物もあります。ただ、返済をしてもらえなければクレジットカード会社としても利用してもらうわけにはいかないので、配偶者や家族に収入があるかどうかなどの審査をしっかりしてからカードの発行、利用開始となります。

しかし、わざわざ面倒な思いをしてクレジットカードを作ってショッピングをしなくても、現金で支払えば良いと考えるかもしれません。確かに少額の支払いであればあまり変わらないと思うかもしれません。ですが、ちりも積もれば山となります。コツコツポイントを溜めることで生活が楽になることや、万が一の場合に助けとなってくれることもあります。

クレジットカードを利用する一番のメリットは様々な「ポイント」を溜めることです。マイルが溜まるものもありますし、マイルとポイントを交換することが可能なクレジットカードもあります。一度に得られるポイントは微々たるものに感じるかもしれませんが、食品や生活必需品などを購入する時に「ポイントが付くかつかないか」によって少しずつ差が出てきます。特に毎日のように利用しているところがあるなら、ポイントも一年を通して考えれば結構な量になりますので、どんな風に利用することが得になるか、しっかりと考えておきましょう。

クレジットカードの返金?何らかの理由で返金になる場合について

インターネットやコンビニ、スーパーなどでショッピングをした時にクレジットカードを使うことがあると思いますが、クレジットカードの決済をした後、何らかのトラブルで商品を返品するということがあると思いますが、クレジットカードでのショッピングですので、どういう風に返金されるのか解りにくいと思います。

インターネットなどでショッピングの際にクレジットカードを利用した後、すぐに取り消しをしたとしても請求が発生することがあります。それは利用したお店から「返金または返品伝票」などが届くことでクレジットカードの決済を取り消すことになるためです。クレジットカードを利用しました、という情報が「取り消しました」という情報よりも早く伝わるためで、取り消しの情報がクレジットカード会社に伝わった時点で取り消しされる、つまり「返金される」ということになります。

そのため、取り消したはずの請求がされることがあります。取り消しのレシートなどの証明書があれば確実ですが、証明書などが無いこともあります。利用金額の請求と取り消しによる返金のタイミングがずれることもありますので、しっかりと取り消しをされているかどうか不安があればコールセンターなどに確認するようにしましょう。

返金される時は引き落としをしている口座に返金をする、ということになります。また、店舗によっては現金での返金をするところもあります。しかし、一般的には「引き落としをする口座への返金」となります。こちらもコールセンターなどで確認することが出来ます。

取り消し自体はスムーズに行うことが出来ますが、返金には時間がかかる場合があるということと、不安があれば確認をするということを覚えておきましょう。

1 2 3 4 5 >